ABOUT | musicalartst

ABOUT

ミュージカルギルドq.とは

ミュージカルギルド(音楽劇技能団)q.は、ミュージカルという表現手法で舞台創造をめざす専門集団として2005年に結成されました。現代社会をテーマに鋭く社会を風刺し、かつミュージカルらしいエンターテイメント溢れる作品を送り出しています。

主な活動内容
〇結成以来、年1回のペースでオリジナル・ミュージカルを発表してきました。これまでに上演した作品は13作品を数えます。そして、2019年3月にはついに劇団を運営する法人「株式会社Musical Art Stage」を設立し、年間を通して公演を実施する体制を整えました。その後、会社発足からおよそ4カ月に1回のペースで公演を実施しています。

〇現在は一つの公演を約2カ月の稽古期間を経て上演しています。作品には劇団員のほかに、劇団四季、宝塚歌劇団出身者や多くの芸能事務所所属の俳優や芸能人、そして時々で開催するオーディションで選ばれた若い才能が出演しています。

〇作品づくり以外の期間では、基礎稽古として演技、ダンス、歌唱レッスンを随時開催しています。また、外部講師によるワークショップなども行っています。そして、今年10月からは若い才能を発掘・育成するため研修生制度をスタートさせる予定です。
また、ミュージカル公演のほかに歌とダンスで綴るレビューショーを都内のライブハウスなどで行っています。このほかに、劇団員がユニットを組んで、イベントなどで歌とダンスを披露しています。

劇団略歴

ミュージカルギルドq.は2005年2月26日、1985年から20年間存続し2005年に解散したミュージカル集団「コーラスシティ」の中心メンバーが集まり、優れた日本の現代ミュージカルの創造を目指してミュージカル専門劇団として結成されました。日本の社会を舞台に、社会問題などを題材に人々の生き様を描くミュージカルをオリジナル作品として作り続けてきました。

2005年12月8,9日 新宿・角筈ホールにてオープニングアクトショー「I LOVE Q」を450人の観客を集めて上演。

2006年7月21~23日 吉祥寺シアターにて第1回(旗揚げ)公演「7.7Night~奇跡の夜に~」(作:福山啓子=青年劇場、作曲:金井信、演出:田中広喜)を700人の観客を集めて上演。

2007年10月19~21日 築地・ブディストホールにて第2回公演「天使がくれた夜~この肩にそぼ降る雨の優しさよ~」(作・演出:田中広喜、作曲:金井信)を800人の観客を集めて上演。

2008年10月3~5日 中野区野方区民ホールWIZにて第3回公演「ファミ☆レス~幸福のレシピを求めて~」(作・演出:田中広喜、作曲:金井信)を800人の観客を集めて上演。

2009年10月29~30日 中野区野方区民ホールWIZにて第4回公演「Trans」(作・演出:田中広喜、作曲:金井信)を800人の観客を集めて上演。

2010年10月28~31日 中野区野方区民ホールWIZにて第5回公演「Last Shangri-La」(作・演出:田中広喜、作曲:金井信)を800人の観客を集めて上演。

2011年10月20~23日 中野区野方区民ホールWIZにて第6回公演「The Heartbreak Hotel!~ありふれた恋の形~」(作・演出:田中広喜、作曲:金井信)を1000人の観客を集めて上演。

2012年10月24~28日 中野区野方区民ホールWIZにて第7回公演「天使がくれた夜~この肩にそぼ降る雨の優しさよ~(再演)」を1000人の観客を集めて上演。

2013年5月31日、6月1、2日 中野区野方区民ホールWIZにてミュージカルギルドq.と実験劇場KM(演出家の田中広喜が企画したプロジェクト)の共催でミュージカル「Players ~崖っぷちのラプソディ~」(作・演出:田中広喜、作曲:小澤時史)を劇団四季出身の関根麻帆を主演に迎え、800人の観客を集めて上演。

2013年10月23~27日 中野区野方区民ホールWIZにて第8回公演「PRIDE誰の為に(たがために)」(作・演出:田中広喜、作曲:金井信)を1000人の観客を集めて上演。

2014年10月22~26日 中野区野方区民ホールWIZにて第9回公演「THE SECRET GARDEN -嘘の中にある真実-」(作・演出:田中広喜、作曲:小澤時史)を1500人の観客を集めて上演。

2015年6月19、20日 結成10周年を記念して初めてディナーショー「Welcome to q’s Bar」を築地・BLUE MOODで320人の観客を集めて行う。

2015年8月20、21日 藤沢市・湘南台文化センター市民シアターにて「秘密法ミュージカルを神奈川に呼ぶ会」主催で「THE SECRET GARDEN -嘘の中にある真実-」を上演。1000人の観客を集める。

2015年10月21~25日 中野区野方区民ホールWIZにて第10回公演「Fighting Butterfly~自由に向かって翔べ~」(作・演出:田中広喜、作曲:金井信)を1100人の観客を集めて上演。

2016年10月19~23日 中野区野方区民ホールWIZにて第11回公演「THE DAY~終焉と新生の狭間で~」(作・演出:田中広喜、作曲:小澤時史)を1200人の観客を集めて上演。

2017年6月15~18日 中野区野方区民ホールWIZにて看護師の現場を描いたミュージカル「あした天使になあれ2017」(作:福山啓子、作曲:金井信、演出:板倉哲=青年劇場)をエンジェルプロジェクト主催(事務局団体を当劇団が担う)で上演。1000人の観客を集める。

2017年11月29日~12月3日 中野区野方区民ホールWIZにてBluem of Youthボーカリストの別所ユージを主演に迎え第12回公演「Don’t be afraid to Love!愛することを怖れるな!」(作・演出:田中広喜、作曲:小澤時史)を1300人の観客を集めて上演。
2018年6月6、7、8日 3年ぶりにディナーショー「q’s Bar2018―Dream Nights―」を築地・BLUE MOODで300人の観客を集めて行う。

2018年11月11日 6月のディナーショー「q’s Bar2018―Dream Nights―」につづいて劇団初の劇団員座長を置いたショー第1弾として劇団員・鈴木千夏を座長に据えて「Oh la la! Fete du Chinatsu」を築地・BLUE MOODで100人の観客を集めて行う。

2018年11月23日 11月11日につづき劇団員座長を置いたショー第2弾として劇団員・横井恵、荒山由沙を座長に据え「Pop'n☆Party !! featuring Megu & Yusa」を築地・BLUE MOODで100人の観客を集めて行う。

2019年3月5日 劇団運営及び舞台企画制作会社として「株式会社Musical Art Stage」を設立。

2019年4月24~28日に池袋・あうるすぽっとで2008年初演作品「ファミ☆レス~幸福のレシピを求めて~」をリメイクして第13回公演として上演。主演は元宝塚歌劇団星組娘役トップの渚あきさん。

2019年8月8~12日に渋谷区総合文化センター大和田・伝承ホールで新作ミュージカル「Signs!~微力だけど無力じゃない~」を元AKB48の岩田華怜さんを主演に迎えて第14回公演として上演。

2019年12月4~15日 中目黒キンケロシアターで第15回公演「Trans~女たちのフロイト的考察」を上演。出演者に元劇団四季の沼尾みゆきさんらを迎え1400人の観客を集める。劇団として初めて2週間近くにわたる公演を打つ。

2020年2月20日~3月1日 東京芸術劇場シアターウェストにて第16回公演「Last Shangri-la」を上演。元ヒカルゲンジの光GENJIの諸星和己さんらが出演し、劇団史上最高の2500人の観客動員を達成する。

2020年5月20日~24日まで渋谷区文化総合センター・伝承ホールで上演予定だった「あした天使になあれ2020」を新型コロナ感染症の影響で上演延期する。

2020年8月19日~23日 池袋・あうるすぽっとにて第17回「The Heartbreak Hotel!~ありふれた恋のカタチ~」を上演。